XOOPSからフォークしたCMS、「ImpressCMS」の評判がよいので、インストールしてみました。

公式サイト

http://www.impresscms.org/

から最新バージョンをダウンロードします。
現バージョンは、ImpressCMS v1.2 Finalです。

ちなみに
ImpressCMS日本語お勉強サイト

http://impresscms.chushokigyo.net/

では、日本語版の提供を行っていますが、まだv1.2用は無いようでしたので、とりあえず英語のままで・・・

ダウンロードしたファイルを展開後、htdocsディレクトリをサーバーへアップします。
ブラウザからアクセスすると自動的にImpressCMSのインストーラ画面へ遷移します。

言語選択画面
上記日本語版でしたら、日本語が選択できますが、今回はないので、Englishで進めます。

ライセンスと動作環境等を確認

システムチェック

パスの設定

TRUST PATHで指定されたディレクトリを作成するか、既存のディレクトリを入力し、
「Create Trust Path」ボタンをクリックします。
問題なければ下記画像が表示されます。

できれば公開ディレクトリではないほうがいいでしょう。

データベースの接続設定
ImpressCMS用のデータベースに権限のあるユーザ名とパスワードを入力します。
なお、Table prefixが次ページで指定できるので、すでに他のCMS等で利用しているデータベースでも問題ありません。
Use persistent connectionは、持続的接続をするかどうかです。

データベース設定
ImpressCMS用のデータベース名を入力します。
Table prefix(接頭語)、Password Salt Key、文字コードはデフォルトのままでOKです。

設定ファイル作成
今までの情報を確認してください。
ここで次ぺージへ進むとImpressCMSの設定ファイル(mainfile.php)に書き込みます。

テーブル作成

次ページへ進むとImpressCMSのテーブルがデータベースに作成されます。

管理者情報の設定
管理者の名前、ログイン名、メールアドレス、パスワードを入力します。

データの登録
次ページへ進むと管理者情報や必要なデータがデータベースに登録されます。

モジュールのインストール
最初からインストールしたいモジュールを選択することができます。

インストール完了
以上でインストールは完了です。
右下のボタンで、インストールしたImpressCMSのページにアクセスできます。

テーマは3種類あります。

管理画面のスクリーンショット

インストール後、ImpressCMSは下記の作業を自動で行いますが、もし行われいないようなら手動で行うようにしましょう。
・mainfile.phpのパーミッションを444に変更
・installディレクトリを削除