VMWareにCentOSをインストールすることがあったので、メモしておきます。

参考にしたサイトは
http://pakapaka.jp/softwareinfo/9.html
です。ありがとうございます。

まず、仮想ディスクを作成するに必要なQemuをダウンロードして解凍します。
http://www1.interq.or.jp/~t-takeda/qemu/

windowsのコマンドプロンプトでQumeのディレクトリにアクセスし
qemu-img create -f vmdk centos.vmdk 20G
を実行します。
同ディレクトリへcentos.vmdkが作成されます。

次にCentOSのインストールしたいバージョンのisoイメージを
http://rsync.atworks.co.jp/centos/
からダウンロードします。
今回は、CentOS4.7でしたのでCentOS-4.7-i386-bin*.isoでした。

上記で作成したcentos.vmdkとisoイメージファイルを任意のディレクトリへ移動します。
例)C:\vmware\centos

上記のディレクトリへCentos.vmxというVMWareの設定ファイルを作成するのですが、下準備として
windowsのコマンドプロンプトで
ipconfig /all
を実行し、イーサネットアダプタローカルエリア接続の物理アドレス(MACアドレス)を控えておきます。
また、isoイメージファイルの
CentOS-4.7-i386-bin1of4.isoを
CentOS-4.7-i386-bin-temp.isoへ名前を変更します。

Centos.vmxを以下の内容で保存します。

# VMWare Player
config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
displayName = "CentOS"
uuid.action = "create"

# gurest OS
guestOS = "rhel4"
nvram = "CentOS.nvram"
memsize = "256"
usb.present = "TRUE"
floppy0.present = "FALSE"

# Primary Master
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "CentOS.vmdk"
ide0:0.deviceType = "disk"
ide0:0.autodetect = "TRUE"
ide0:0.mode = "persistent"
ide0:0.redo = ""
ide0:0.startConnected = "TRUE"

# Primary Slave
ide0:1.present = "TRUE"
ide0:1.fileName = "CentOS-4.7-i386-bin-temp.iso"
ide0:1.deviceType = "cdrom-image"
ide0:1.mode = "persistent"
ide0:1.autodetect = "TRUE"
ide0:1.startConnected = "TRUE"

# Secondry
ide1:0.present = "FALSE"
ide1:1.present = "FALSE"

# SCSI
scsi0.present = "FALSE"

# Network card
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"
ethernet0.addressType = "generated"
ethernet0.generatedAddress = "**********"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
tools.remindInstall = "TRUE"

extendedConfigFile = "CentOS.vmxf"
virtualHW.productCompatibility = "hosted"
tools.upgrade.policy = "manual"

uuid.location = "56 4d a6 4c c2 46 ae 24-a1 52 68 89 7b 78 ea 7d"
uuid.bios = "56 4d a6 4c c2 46 ae 24-a1 52 68 89 7b 78 ea 7d"
checkpoint.vmState = "CentOS.vmss"

ide0:1.fileName には、名前を変更したisoイメージファイル名
ethernet0.generatedAddress には、ipconfigで調べたMACアドレス
を設定します。

これで準備が整いました。
VMWareを起動して、Centos.vmxを開けばCentOSの起動画面が表示されます。

CDの入れ替えを指示されたときは、CentOS-4.7-i386-bin-temp.isoの名前をCentOS-4.7-i386-bin1of4.isoに戻して
入れ替えたいisoイメージファイルをCentOS-4.7-i386-bin-temp.isoに名前変更すればOKです。

centos_install01.jpg