ZenCartは、デフォルト状態では

http://www.s-page.net/index.php?main_page=index&cPath=2

のような動的URLでリンクされますが、
S-pageでは、これを変換し、

http://www.s-page.net/categories/2.html

のように静的URLにでリンクするようにしました。

ZenCartの場合

ZenCartの動的URLから静的URL変換は、
ZenCart URL書き換えパッチ日本語版が非常に参考になります。
ちなみに、提供されるファイルは、v1.2用ですので、そのままでは、v1.3では利用できません。
こちらを利用すると
・categories/カテゴリID.html
・products/商品ID.html
のように変換されます。
カテゴリID、商品IDは、url_data.phpと.htaccessによって任意の文字列に変更することも可能です。

もっと手軽に静的URLに変換する方法としては
Ultimate SEO URLs)モジュール
を利用する方法があります。
・カテゴリ名-c-カテゴリID.html
・商品名-p-商品ID.html
のように変換されます。
こちらは、管理画面>一般設定に SEO URLs が追加され、各種設定を変更することができます。
Ultimate_SEO_URLs

WordPress(On ZenCart)の場合

WordPressも基本的には動的URLですが、
デフォルトで、静的URLへの変換機能があります。
WordPress管理画面>オプション>パーマリンク設定
で希望のスタイルを選択し、後は
.htaccess に同ページ下の mod_rewrite を追加するだけです。

WordPress On ZenCartの場合は、

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

のindex.phpはZenCartのindexファイルがありますので、
別途用意しなければなりません。
手軽な方法としては、以下の内容でwp-index.phpを作成し、
RewriteRule . /wp-index.php [L]
にすることで利用可能です。

wp-index.php

< ?
$_GET['main_page']='wordpress';
require('index.php');
?>


ZenCart URL書き換えパッチ日本語版は、
カテゴリID.htmlや商品ID.htmlの他、自由に設定することもできますが、
Ultimate SEO URLsモジュールは
手軽な一方、カテゴリや商品名が変更された場合に、URLが変更されてしまいます。
ということで、S-pageでは、ZenCart URL書き換えパッチ日本語版の手法を利用して動的URLを静的URLに変換してます。